北-大阪インプラントセンター
■どんな医院に行けばいいの?
1.インプラント専門医がいるかどうか
インプラントの経験、実績が豊富で、年間インプラント手術を最低300回以上は行っている医院がいいでしょう。

2.常に勉強しているドクターか
常に最新の技術、情報を収集しているか。あるいは、発信しているかも重要です。
インプラントの世界はかなりのスピードで進んでいます。学ぼうという意識の高いドクターであることが、必須条件であるといえます。

3.インフォームドコンセント(説明と同意)がしっかりしている医院か
患者さんに、十分な説明をしているか。また、患者さんが本当にその説明を理解され、納得(同意)されたか、そこのところがしっかり体制としてできている医院でないと、インプラントのような高度医療はできないと考えています。

4.CT撮影をしているか
CTを撮影することにより、神経や血管を避け、最も骨の量の多い所にインプラントを埋め込むことが可能になります。骨の質も判定できますし、無駄な骨造成法もしなくてすみます。現在の医療水準ではCT撮影は必須でしょう。

5.手術の手際がいいか
手術そのものが、うまいか。てきぱきしているかも重要です。手術時間が長くなり過ぎれば、患者さんもしんどくなります。これは、やはり経験と勉強でしょう。

6.メンテナンスがしっかりしている医院か

インプラントは、歯周病にならなければ、基本的にずっと持ちます。インプラントの10年後の生存率は95%ですが、それを高めるためには、メンテナンスが重要になります。
通常、3〜4ヶ月おきに、検診と、歯のクリーニング(PMTC)が必要になります。メンテナンスをしてない医院は無責任ということになります。

7.手術器具がしっかり滅菌されているか
手術中に感染してしまっては、インプラントも失敗に終わることもあります。
もちろん、肝炎その他の感染防止の意味合いもあり、確実に滅菌した器具を使ってる医院でなければならないです。

←インプラントメニューに戻る

まずは、無料電話相談を
無料電話相談
相談受付時間 月〜日9:00-20:00

少しでもお悩みなら
お気軽にお電話を!
必ずお役に立ちます


初診予約はこちら



■ コンテンツメニュー ■

院長紹介
センターの特徴・メリット
インプラント実績
よくある質問
アクセス・地図
初診予約はこちら
インプラントメニュ-
患者様の声

・モニター募集中!
・最新CTを導入

・サイトマップ
・トップページ


Copyright ©
北-大阪インプラントセンター
All Rights Reserved.