北-大阪インプラントセンター
■入れ歯で苦労されたあなたへ

想像して下さい。あなたが、入れ歯なしで何でも食べてる時のことを。
家族や友人の前で何にも気にすることなく、おいしいものをおいしく食べれる。
食べたくても食べれなかった物、ほんとはおいしいのに、食べにくいからおいしく感じなかった物。
そんな物が何でも食べれるのです。入れ歯から解放されると人生変わりますよね

私は歯科医師を19年してきました。入れ歯もたくさん作ってきましたが、入れ歯は作るのは簡単ですが、何でも咬めるようにするのはなかなか難しいです。
今まで、あなたは入れ歯を何年かお使いかと思います。あるいは、今から作られるのかもしれません。
入れ歯にはたくさんの克服すべき課題があります。

【入れ歯の課題】
<健康面>
●バネを掛けた歯に負担がかかり、数年でぐらぐらになり、だめになることが多い。
●入れ歯をしていてもアゴの骨がやせるのでその都度、入れ歯に肉盛りをしないといけない。アゴの骨は永遠にやせていき、ついには入れ歯がまったく合わなくなることも多い。その場合は、入れ歯を外し、食べ物を丸のみすることになり、寿命も縮まる。
●食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。

<機能面>
●入れ歯を入れて噛むと痛い。
●硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。(噛む力が出にくい)
●ガムや、お餅、キャンディがくっついて離れない。
●アラレとかは、くずが入れ歯と歯ぐきの間にはさまって痛い。
●硬いせんべいやするめ、漬物などは入れ歯の前歯では噛み切れない。
●硬いものを食べる時はあらかじめ小さくしとかないといけない。
●熱を感じにくいので、熱いものや冷たいものがおいしくない。
●また、熱いものを飲む時は気をつけないとやけどする。
●歯ぐきが入れ歯で覆われていて、食べ物の味を感じにくく、おいしくない。
●上の入れ歯が落ちてきたり、下の入れ歯は安定が悪く食事中にがたついたり、動いたり、たわんだりして食べにくい。何もしないでも動くこともある。
●口を開けたり、話をするとはずれる。
●入れ歯のバネがあたって痛い。
●バネを掛けてる歯が痛んだり、ぐらぐらする。
●取り外しの時に歯ぐきにこすれて痛い。
●入れ歯の取り外しが困難。
●入れ歯の厚みによる違和感が大きく、お口の中がせまく感じる。(金属床なら違和感少ない)
●ほっぺたや舌を噛む。
●基本的に、噛む力が弱く(天然歯やインプラントの5分の1)、硬いものが食べにくい。
●洗っても臭いがつきやすい。
●入れ歯がこわれやすい。
●言葉をうまく発音できず、人前に出たり、話をするのが億劫になる。
●うたが歌えない。
●がたつく時は入れ歯安定剤を使うが、安定剤は気持ちわるく、あとで取るのが大変。

<精神面>
●部分入れ歯は歯にひっかけるバネが金属であり、結構目だってかっこ悪い。
●食事に後で、入れ歯を外して洗ったりするので、外食や旅行がしにくい。
●入れ歯のイメージが、年寄りくさい、精神的に入れていること自体がいや。
●食事がおいしくなく感じる。
●バネと歯の間に食べ物が入りやすく、取り外して掃除が必要。
●違和感に慣れるのに時間がかかる。結局慣れないときもある。
●いかにも入れ歯という歯並びのような気がする。
●入れ歯を入れたのでは、見映えが悪くせっかくの美人、男前がだいなし。
●取り外して手入れをするのがめんどくさい。

これらにあてはまる方は、入れ歯以外の方法も考えられてはどうでしょうか。素晴らしい人生が待ってます
インプラントは欠点が少なく、非常に素晴らしい方法です。



←インプラントメニューに戻る

まずは、無料電話相談を
無料電話相談
相談受付時間 月〜日9:00-20:00

少しでもお悩みなら
お気軽にお電話を!
必ずお役に立ちます


初診予約はこちら



■ コンテンツメニュー ■

院長紹介
センターの特徴・メリット
インプラント実績
よくある質問
アクセス・地図
初診予約はこちら
インプラントメニュ-
患者様の声

・モニター募集中!
・最新CTを導入

・サイトマップ
・トップページ


Copyright ©
北-大阪インプラントセンター
All Rights Reserved.