北-大阪インプラントセンター
■手術が不安ですか?
●痛みについて
手術時は当然麻酔をします。麻酔が効いてしまえば、痛いわけはありません。
また、麻酔自体もほぼ無痛でできます。要するにご心配いりません。

●手術に恐怖心を持っておられる方へ
麻酔が効いてしまえば、当然痛みはありませんが、それでもご心配な方は、手術直前に精神安定薬を飲んでいただいております。精神安定薬を飲むと、頭が少しぼーっとしてきて、いい気分になります。手術中にいびきをかいて寝られる方もおられます。

●手術後、日常生活に差し支えは?
手術当日はなるべく、しんどいことはなさらない方がいいです。ただ、安静にして寝る必要もないですし、本数が少ない場合などは、ほとんど生活に影響ないです。
術後、痛みが多少でますが、痛みの程度は歯を抜いた時と同じくらいです。(普通手術の場合)。あと術後、腫れることもありますが、術後投薬により、3〜7日で腫れはひきます。

●血圧が高めの方へ
手術中は常時、血圧、脈拍、脈波、血中酸素濃度を測定します。血圧が高めの方は手術直前に、降圧剤を飲んでいただくので安心です。内科の先生にコントロールをお願いすることもあります。

●糖尿病の方へ
ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の値が7未満なら、大丈夫です。ここ数年で、糖尿病の方でも骨と結合するインプラント(HAインプラント)が開発されました。
7以上だと、成功率は下がります。万が一、手術後、イ ンプラ ントと骨が結合しなかった場合は治療費は頂きません。

●骨粗しょう症の方へ
骨密度がタイプ4(すごく軟らかく密度が低い)の場合は、成功率が下がるので通常しませんが、タイプ4でも、タバコをすわない方の場合は成功する時もあります。タイプ3でタバコをすわなければ、まず大丈夫です。手術中に骨がスカスカだと判断した場合は手術を中止します。 あるいは、万が一、手術後、インプラントと骨が結合しなかった場合は費用は頂きません。

●ヘビースモーカーの方へ
タバコを多くすうことは、インプラントの歯周病の原因になるので、あまり好ましくありません。ただし、定期検診(主に歯のクリーニング)に確実に来ていただければ、普通は大丈夫です。

●MRIについて
インプラントはMRI撮影の際に、悪影響があると誤解されてる医科の医師もいらっしゃるようですが、純チタンのインプラントの場合、まったく問題ありません。MRI撮影のことを考えてインプラントを悩んでおられる方、まったくもって心配はありません。

●金属アレルギーについて
インプラントは金属ですが、純チタンのため、金属アレルギーの心配はまずありません。また、チタン表面は、酸化膜でおおわれ、不動態といって金属がもつ化学反応性を失った状態になります。また、活性水素を放出し、細胞の酸化を防ぎ制ガン作用ももつ唯一の金属です。


←インプラントメニューに戻る

まずは、無料電話相談を
無料電話相談
相談受付時間 月〜日9:00-20:00

少しでもお悩みなら
お気軽にお電話を!
必ずお役に立ちます


初診予約はこちら



■ コンテンツメニュー ■

院長紹介
センターの特徴・メリット
インプラント実績
よくある質問
アクセス・地図
初診予約はこちら
インプラントメニュ-
患者様の声

・モニター募集中!
・最新CTを導入

・サイトマップ
・トップページ


Copyright ©
北-大阪インプラントセンター
All Rights Reserved.